ウクライナ「露軍は静止」 戦線、膠着状態強まる

カウンターテーブル 2022-03-26 89834 0

ウクライナ「露軍は静止」 戦線、膠着状態強まる

    ウクライナ「露軍は静止」 戦線、膠着状態強まるウクライナに侵攻したロシアは24日、首都キエフや東部ハリコフなどに攻撃を続けた。ただ、ウクライナ軍も同日、露海軍の大型揚陸艦を破壊し、首都キエフ東方の集落を奪還したと発表。ウクライナ大統領府のアレスト

ウクライナ「露軍は静止」 戦線、膠着状態強まる

    

ウクライナに侵攻したロシアは24日、首都キエフや東部ハリコフなどに攻撃を続けた。

    

 ただ、ウクライナ軍も同日、露海軍の大型揚陸艦を破壊し、首都キエフ東方の集落を奪還したと発表。

    ウクライナ大統領府のアレストビッチ顧問が「露軍は静止した」との見方を示すなど、戦況は膠着(こうちゃく)状態の様相を強めている。

    一方、露国防省は同日、特別記者会見を開き、「米国がウクライナで生物兵器を開発していた」と改めて主張した。

    

ウクライナのメディアによると、ハリコフの市街地が露軍に空爆され、住民6人が死亡した。

    付近では支援物資の配給が行われていたという。

    キエフ周辺でも砲撃があったが、死傷者はなかった。

    東部マリウポリや北部チェルニヒウでも激しい攻防が続いている。

    

一方、ウクライナ軍は24日、アゾフ海に面した南部ベルジャンシクで、露大型揚陸艦「オルスク」を破壊し、同「サラトフ」「ノボチェルカスク」にも損傷を与えたと発表。

    事実であれば、マリウポリに加えて南部オデッサの攻略を企図しているとされる露軍に大きな打撃となる。

    また、キエフ東方の集落ルキャノフカを奪還したとも発表した。

    

露国防省は同日、東部イジュムを完全掌握したと発表したが、ウクライナ側は偽情報だとしている。

    

アレストビッチ氏は同日のビデオ声明で「イジュムやマリウポリを除き、露軍は事実上、静止した。

    露軍は燃料と弾薬の補給に問題を抱えている」と述べた。

    

一方、露国防省は特別記者会見を開き、米国がウクライナで生物兵器の開発をしていたと改めて主張。

    米国は、苦戦の伝えられる露軍がウクライナ軍の攻撃に偽装して自身が生物兵器を使用する「偽旗作戦」を準備している可能性があるとして警戒を強めている。

    

评论

精彩评论